美容外科でカウンセラーや看護師としての働き方を見つけた求人

医療機関の経験を活かし希望のところへ応募した

求人を閲覧していると看護師の資格を有している事例では同時にカウンセラーの役割も担う事が多い様子に気が付き、カウンセラーは患者さんと直接やり取りをする特性上、過去にサービス業などに従事した経験がある方が求められていました。
自分は医療機関にて働き始める前は薬局でアルバイトをしていた経験が長いため、接客とカウンセリングのどちらも自信がありましたし、薬局にてお客様とやり取りをする時には取扱販売されているコスメアイテムも含めて提案をしていたので、美容外科に入っても十分に経験が活かせると感じました。
働き方についても見直しが行われていて、より一層働きやすかったり魅力的に感じられる職場環境を作っているクリニックが多い様子だったため、求人を参考にしていると次々と気になるクリニックが現れましたが、数ある中で現在の生活を大きく変えない状態で新生活が始められる場所を見つけ、早速申し込みをした次第です。
申し込みをした美容外科も一緒に働いてくれる人を強く求めていたのですぐに返事をくれましたし、自分がこれまでに医療機関で働いていた経験があったり薬局でアルバイトをした経験がある事を伝えると、すぐに職場見学に誘ってくれました。

美容外科2箇所応募しちゃった!
面接までに
ズボンタイプのスラっとしたスーツ買って黒髪スッキリショートにして
マツエクつけよ!
今日からハキハキ話す練習しよ!
受かるといいな楽しみ!

— リコピン (@lycopene5) November 22, 2021

美容外科に転職を決めて情報を集める医療機関の経験を活かし希望のところへ応募した職場見学で雰囲気がわかって良かった